T-Kernel 導入実習セミナー

セミナーのご案内

これからT-Kernelを利用して組込みソフトウェアの開発を始める人のための、未経験の方も安心して受講できる一日技術セミナーです。

講義ではリアルタイムOS T-Kernel の基礎から、 ソフトウェア部品の組合せ、メモリモデル、デバッグ手法などをご説明します。

また実習では、プロセスベース、 および T-Kernel ベースのソフトウェアの開発からデバッグまで、 開発の流れを一通り体験することができます。

組込みソフトウェア開発が未経験の方も安心して受講できるセミナーです。

セミナーの目標

技術要素 :
T-Kernelアプリケーション開発
ETSSスキルレベル :
レベル2以上
  • 講義と実習により、T-Kernel を使ったアプリケーション開発を修得できます。

対象

  • T-Kernel を用いた開発を担当する予定の方。
  • T-Kernel に関する一般的な知識を身に付けたい方。

前提知識

技術要素 :
C言語
ETSSスキルレベル :
レベル1以上
  • C言語に関する基本的な知識

日時

2017年 11月16日(木) 10:00~17:00
2018年   1月18日(木) 10:00~17:00 NEW

場所

パーソナルメディア株式会社 アクセス/地図

セミナープログラム (予定)

導入実習セミナー セミナープログラム
時間 講習内容
10:00 【講義1】T-Kernelの概要とソフトウェア構成
  • T-Engineを用いた開発のメリット
  • ミドルウェア(T-Kernel Extension)を活用したアプリケーション作成概論
11:00 【実習1】T-Kernelを使ってみよう(プロセスベース)
  • T-Engineのソフトウェアのコンパイルから実行まで、操作に慣れる (プロセスベース)
12:00 質疑応答~昼休み
13:00 【講義2】T-Kernel概論、メモリモデル
  • T-Kernelのプリミティブな機能を理解する
  • メモリモデルを理解する
14:00 【実習2】T-Kernelベースのプログラム実習
  • T-Kernelベースのプログラムを実機上で理解する
15:00 質疑応答~休憩
15:15 【講義3】デバッグの方法
  • デバッグ環境について理解する
15:45 【実習3】デバッグ実習
  • デバッグを体験する
16:45 総合質疑応答
17:00 終了
  • 時間や内容が若干変更される可能性もありますので、ご了承ください。

実習用の機材について

Aコース:

  • 本セミナーの実習には、T-Engine開発キットやT-Engineアプライアンス、および開発用のノートPCが必要です。各自、当日セミナー会場までご持参ください。
    T-Engine開発キット、T-Engineアプライアンスの種類は問いません。また、LCDボードは無くても構いません。
  • MMUが付属していないμT-Engineについては、PMC T-Kernel Extensionが実装されておらず、プロセスベースのプログラミングができないため、実習の項目が制限されます。
  • 開発用のノートPCには、あらかじめEclipseやCygwinなど必要なソフトウェアを含めてEclipse版開発環境をインストールし、サンプルプログラムのコンパイルと実行テストまで確認しておいてください。
  • Eclipse版開発環境の代わりに、Windows上のCygwinやPC Linuxに開発環境をインストールして受講いただくこともできます。お申し込みの際にご相談ください。

Bコース :

  • 実習用のT-Engine応用製品および開発用PCをお貸し出しいたします。

費用

Aコース :

お一人様あたり 標準価格 50,000円 (税別)

  • 実習用のT-Engine開発キット/T-Engine応用製品および開発用PCはご持参ください。
  • 昼食は含みません。

Bコース :

お一人様あたり 標準価格 55,000円 (税別)

  • 実習用のT-Engine応用製品および開発用PCをお貸し出しいたします。
  • 昼食は含みません。

お申込・お支払い方法

ステップ 1 : お申し込み

受講をご希望のお客様は、以下の各項目を明記の上、 当社営業部(E-mail:te-sales@personal-media.co.jp)までお申し込みください。

  • 受講されるコース(AコースまたはBコース)
  • 受講を希望される日
  • 受講される方のお名前
  • ご所属
  • ご住所
  • お電話番号
  • E-mailアドレス
  • Aコースのみ実習用に持参される製品の種類(T2&μT2リファレンスキット, Teamacaron, T-Kernel 2/x86評価キット, 各種T-Engine開発キット/T-Engine応用製品など)

ステップ 2 : お支払い

お申し込みが終わりましたら、以下のいずれかの銀行口座に前々日までにお振込ください。ご入金が確認でき次第、受講受付完了のご連絡をE-mailで行います。

導入実習セミナー 受講費用お振込先
銀行名 支店名 種別 口座番号
三井住友銀行 五反田支店 普通 7558939
三菱東京UFJ銀行 品川駅前支店 普通 4624917
  • いずれも口座名義は「パーソナルメディア株式会社」です。
  • お振込手数料はお客様ご負担にてお願いいたします。
  • お振込に際して請求書がご必要なお客様はお気軽にお申し付けください。

受講予定日まで日数がない場合は、受講当日現金でお支払いください(この際、カードでのお支払いはお受けいたしかねますのでご了承のほどお願い申し上げます)。

Aコースのみセミナー当日に持参していただきたいもの

  • 実習用のボード、ACアダプタ、シリアルケーブル
  • 開発用PC(Eclipse版開発環境インストール済)
  • 開発用PCで利用可能なCD-ROMドライブ
    • PCに内蔵されたタイプでも、外付けタイプでも構いません。CD-ROMで配布された実習用プログラムを開発用PCに読み込むために使用します。
  • ダウンロードしたプログラムを格納するSDカード、CFカードなど
  • T-Engine開発キットに付属しているCD-ROM
    • マニュアルを閲覧したりする場合に使用します。