PMCセミカスタムIoT

汎用性の高いセミオーダーメイド型のIoTシステムです

「PMCセミカスタムIoT」は、お客様の想定する用途やご要望に応じた多様なIoT(Internet of Things)システムを短期間に効率よく構築できるセミオーダーメイド型のIoTシステムです。

PDFカタログPDFファイル プレス発表


パーソナルメディアは、IoTという用語が生まれる以前から、TRONプロジェクト(*1)の中で培った組込みとユビキタスの技術を活用しつつ、いろいろな機器をネットワークに接続して協調動作させるシステムを開発してきました。東京都と国土交通省が主催する「東京ユビキタス計画」(*2)への参画、RFIDタグを用いた各種のトレーサビリティ実証実験への協力、FeliCaやMifareなどのICカードを利用した出退勤管理システム、リモート監視機器の開発など、この分野において数多くの実績があります。

「PMCセミカスタムIoT」は、IoTに関する当社のこういった経験と実績をベースにした、汎用性の高いセミオーダーメイド型のIoTシステムです。IoTの端末ノードとして利用できるハードウェア機器、それに接続できる多種多様な入出力デバイス、対応するデバイスドライバ、ミドルウェアなどが、数多くの選択肢として用意されており、クラウドサーバ側のソフトウェアと合わせてカスタマイズや調整を行うことによって、お客様のご要望に応じたIoTシステムを短期間に開発できます。また、端末ノードとクラウドサーバの間の通信のフォーマット(プロトコル)を標準化しているため、機器や入出力デバイスの変更、追加などがあっても対応しやすいほか、クラウドサーバ側の開発と端末ノード側の開発をお客様と当社とで分担したり、並行して進めたりすることも可能です。

また2016年4月27日に「トロンフォーラム」より開始が発表されたオープンIoTのための IoT-Engine プロジェクトでは、パーソナルメディアから各種 IoT-Engine の販売やソフトウェア開発キットのご提供と合わせて、「PMCセミカスタムIoT」の端末ノードとしてもご提供いたします。

詳しくは当社営業よりご紹介させていただきますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

(*1)
 TRONプロジェクト  http://www.tron.org/
(*2)
 「東京ユビキタス計画」の取組   http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/soukou/soukou-magazine/0908tokyo.pdf

「PMCセミカスタムIoT」のシステム概念図

システム概念図

  • IoTデバイスライブラリの利用により、IoT端末ノードやIoT入出力デバイスを短期間に開発できます。
  • 通信プロトコルを標準化しているため、端末ノード側とクラウドサーバ側を独立して開発できます。

「PMCセミカスタムIoT」の特長

短期間、低コストでお客様のIoTシステムを開発
IoT(Internet of Things)の基本機能を実現する汎用性の高いシステムが既に動作しており、これをベースにお客様の用途やご要望に合わせたカスタマイズ(修正、追加、改造など)を行うことによって、短期間、低コストでお客様のIoTシステムを開発できます。カスタマイズのベースとなるIoTシステムには、端末ノードのハードウェアや通信方法などが異なった複数のバリエーションが用意されており、お客様の想定されるシステム構成に応じて、最適なものを選ぶことができます。

セミオーダーメイド

豊富なIoTデバイスライブラリ
「PMCセミカスタムIoT」では、端末ノードや入出力デバイスとして使用することを想定した機器類を、あらかじめ「IoTデバイスライブラリ」として準備しています。IoTデバイスライブラリには、IoT-Engineをはじめとして、当社で開発実績のある組込みボードや携帯情報端末、デバイスドライバ開発経験のある入出力デバイスなどが幅広く含まれており、この中から選択してカスタマイズしたものを端末ノードとして利用することによって、お客様の要求に応じたIoTシステムを短期間で開発できます。

一方、お客様ご指定の機器やハードウェアを端末ノードとして利用し、その上で動作するOSやデバイスドライバ、制御用アプリケーションの一部を当社にて開発してご提供することも可能です。

【IoTデバイスライブラリ】
端末ノードとして利用できる携帯端末 スマートフォンおよびタブレット端末(Android搭載端末、iOS、Windows)、
UC(ユビキタスコミュニケータ)業務用UC
端末ノードとして利用できる組込みボード 産業用パソコン、
IoT-EngineTeacontroller
Intel Edison、Galileo Gen 2、その他
端末ノードで利用できるOS T-Kernel(T-Kernel 2.0、μT-Kernel 2.0を含む)、Linux、Windows
端末ノードに接続されるIoT入力デバイス 温度センサー、湿度センサー、光センサー、人感センサー、
RFIDリーダー、ICカードリーダー、各種スイッチ、USBカメラ、その他
端末ノードに接続されるIoT出力デバイス ブザー、モーター、電気錠、家電などの制御、モニタ画面への表示、その他
 
通信のフォーマットをJSONやCoAPで標準化
端末ノードとクラウドサーバの間の通信のフォーマット(プロトコル)を標準化しているため、端末ノード側およびクラウドサーバ側の処理プログラムの開発を分担して進めることができます。これにより、開発期間の短縮や開発コストの低減につながるほか、端末ノード側あるいはクラウドサーバ側を、当社ではなくお客様ご自身で開発することも可能です。端末ノードとの通信データはJSON(JavaScript Object Notation)で記述されているため、サーバー側の環境の開発者には馴染みやすく、この通信データを処理するWebアプリなどを容易に開発することができます。また、より軽量化されたプロトコルであるCoAP(Constrained Application Protocol)を利用することも可能です。
T-Kernelによるコンパクトで省電力の端末ノード
IoTシステムの端末ノード側は、バッテリ駆動などに対応するため、省電力への要求が特に厳しい場合があります。また、量産時の製造コストや機器サイズの制約から、CPUの性能、メモリ容量などのハードウェアリソースも厳しい場合が多く、こういったケースではWindowsやLinux、Androidなどの汎用の情報系OSを利用することは困難です。

「PMCセミカスタムIoT」では、端末ノード側の多くの機器で、リアルタイム性に優れたコンパクトな組込みOS「T-Kernel」を採用しており、ハードウェアリソースの厳しい環境下においても高速な処理を実現します。「T-Kernel」は組込みOSとして多くの実績があり、このOSを組み込んだ機器は、一般的な専用機と同じく、メンテナンスフリーで長期間利用できます。

なお、端末ノード側で動作させたいソフトウェアや実現すべき機能、利用可能なハードウェアなどの条件に応じて、T-KernelではなくWindowsやLinux、Androidなどを使用したシステム構成も可能です。
セキュリティにも配慮
必要に応じて、通信データの暗号化やHTTPS(HTTP over SSL/TLS)を用いた通信、電子証明書を用いたサーバや端末ノードの認証を行うことにより、セキュリティに配慮したIoTシステムを構築できます。

また、端末ノード側においては、WindowsやLinux、Androidなどの汎用の情報系OSではなく、「T-Kernel」などの組込み向けリアルタイムOSを利用することにより、情報系OSを標的としたウイルスやスパイウェアに対して安全な環境を提供します。

ページの先頭へ

「PMCセミカスタムIoT」の応用システム例

「PMCセミカスタムIoT」を応用したシステム例をご紹介します。また下記の例になくても、お客様の想定する用途やご要望に応じたIoTシステムを開発可能です。お気軽にご相談ください。

(1)光センサーや温度センサーを利用した環境データ監視システム

カスタマイズのベースとなる基本的なIoTシステムです。ペットのいる留守中の部屋など、離れた部屋や場所の温度や環境を連続的に監視して記録、チェックします。光センサーや温度センサーから得られた環境情報を、クラウド上のデータベースに記録します。データベースに記録した情報はPCやスマートフォンのブラウザで参照できます。また、指定した温度を超えた場合など、特定の条件を満たした場合に警告のメールを送ることも可能です。

環境データ監視システム


端末画面

端末画面

応用システム例の先頭へ

(2)ICカードを利用した出席・出退勤のタイムレコーダ

カスタマイズのベースとなる基本的なIoTシステムです。Suica、PASMO、EdyなどのICカードをカードリーダーにタッチすることにより、出席、出勤、退勤などを電子的に記録します。社員やアルバイトの出退勤時刻を記録するタイムレコーダーやタイムカードとして利用可能なほか、塾やサークル、各種会合の出席管理にも活用でき、会場での受付業務を効率化します。

出席・出退勤のタイムレコーダ

応用システム例の先頭へ

(3)ICカードを利用した電気錠管理システム

社員証のICカードをドアキーとして電気錠を制御するシステムです。タイマーの設定により、指定した時間のみ解錠し、その後は自動的に施錠します。誰がいつどこの部屋に入室したのか、ゲートを通過したのか、といった解錠に関する記録をデータベースに保存し、履歴を参照することができます。各社員やアルバイトの業務内容、セキュリティレベルに応じて、入室の可能な部屋および時間を細かく設定できるほか、ICカードの紛失時には紛失したカードのみをすばやく無効化し、紛失したカードの悪用を防ぐことができます。

電気錠管理システム

応用システム例の先頭へ

(4)運転免許証を利用したドライバー管理システム

トラックなどの乗務員の点呼の際に利用するシステムです。ICカードリーダーで運転免許証を確認し、アルコールチェッカーによる検査結果とともに、点呼の記録としてクラウド上のデータベースに記録します。点呼の記録は、PCやスマートフォンのブラウザで参照できるほか、メールでの通知も可能です。

ドライバー管理システム

応用システム例の先頭へ

(5)RFIDタグを用いた現場点検システム

公園の遊具など、屋外の公共の施設にRFIDタグを付けておき、それらの施設の状態を現場で点検して記録するシステムです。点検項目がハンディ端末に表示され、点検の結果を担当者が端末に入力します。インターネットとの通信ができない場合は、端末側に点検結果を記録しておくこともできます。

現場点検システム

応用システム例の先頭へ

(6)マイクロチップを用いた動物個体管理システム

マイクロチップと呼ばれる動物用電子タグを用いた動物個体管理システムです。家畜などの動物に埋め込まれたRFIDタグを、市販の専用リーダーで読み取り、Bluetoothでハンディ端末に送信した後、インターネット経由でクラウド上のデータベースと照合、記録します。ハンディ端末上にもウェブサーバを備えているため、インターネットとの通信ができない場合でも、ローカル環境での情報閲覧が可能です。マイクロチップの利用により、動物の個体識別のほか、体温の測定や記録もできます。

動物個体管理システム

応用システム例の先頭へ

(7)電力エネルギー見える化システム

家電やエアコンの電力の監視をする組込み制御ボードと、エネルギー管理データベースを、ネットワークで接続し、電力使用量の記録や表示を行うシステムです。現在の各機器の電力消費量や時間経過による推移を、グラフなどで表示します。

電力エネルギー見える化システム

応用システム例の先頭へ

(8)NFC対応スマートフォンによる待ち合わせ支援システム

街路灯などに貼られたNFCタグ(ICタグプレート)に、NFC対応のスマートフォンをタッチさせることで、自分の正確な位置を認識します。その情報をインターネット経由で待ち合わせの相手と共有し、スマートフォン画面の地図上に待ち合わせ相手と自分自身の位置を表示することで、人とのスムーズな待ち合わせを実現します。NFCタグの代わりにiBeaconなどの電波マーカー(電波標識)やGPSを使用することも可能です。

待ち合わせ支援システム

応用システム例の先頭へ

ページの先頭へ

関連製品、応用サービス

IoT-Engine 開発キット 
IoTデバイスを素早く開発するために必要なハードウェアとソフトウェアを、オールインワンのパッケージにした商品です。IoT-Engineを搭載したデバイスのデータをクラウドに収集したり、クラウドからデバイスを制御するアプリケーションを簡単に作ることができます。
スマートGUIサーバ 
IoT-Engine
T2&μT2リファレンスキット
μTeaboard 2.0
・組込み向けカスタム版 お客様の組込み機器に移植してご提供
スマートフォンの画面を使って、GUIによる組込み機器の操作ができます。組込み機器側では画面やGUIの処理が不要となり、機器のコンパクト化、低コスト化、開発期間の短縮が可能となります。
PMC機器制御サーバ 
T2&μT2リファレンスキット用 標準価格 100,000円(税別)
μTeaboard 2.0用 標準価格 100,000円(税別)
ネットワークを通じて、パソコン等のウェブブラウザから組込み機器を制御できます。また制御対象機器の状態変化をリアルタイムにブラウザの画面に表示できます。

ページの先頭へ

お問い合わせはこちら

ご導入にあたりご不明な点や、製品の詳細につきましては、当社営業部までお気軽にお問い合わせください。

パーソナルメディア株式会社 営業部
TEL.03-5749-4933 FAX.03-5749-4936
E-mail: te-sales@personal-media.co.jp
http://www.t-engine4u.com/

ページの先頭へ