PMC機器制御サーバ

標準価格 100,000円 (税別) ウェブショップで購入する

PDFカタログPDFファイル  プレス発表

【取扱説明書】
【レポート】

「PMC機器制御サーバ」の特長

ウェブブラウザから機器を制御
ネットワークを通じて、パソコン等のウェブブラウザから機器を制御できます。
Internet ExplorerやFirefoxなど、XMLHttpRequestをサポートするブラウザに対応しています。詳細はお問合せください。
T-Kernelの知識やプログラミングが不要
T-Kernel応用製品や「PMC T-Kernel」上で動作しますが、標準機能を利用するだけであれば、T-Kernelの知識やT-Kernel上のプログラミングは不要です。
ユーザインタフェースをHTMLやJavaScriptを使って簡単に定義
GUI端末となるパソコン上での具体的な処理内容やユーザインタフェースは、HTMLやJavaScriptを使って、簡単に定義し、カスタマイズすることが可能です。JavaScriptやAjaxの手法を使うことで、表現力の豊かなGUIを実現できます。
複数のパソコンから同時にアクセス可能
複数のパソコン上のウェブブラウザから同時にアクセスすることも可能です。たとえば一つの機器を複数の箇所から同時にモニタリングすることができます。
Ajaxを利用した非同期通信が可能
Ajaxの技術を利用した非同期通信が可能です(*2)。制御対象機器の状態変化をリアルタイムにブラウザの画面に表示できるため、従来のポーリングなどの手法に比べて通信量を大幅に削減できます。
ブラウザ側から機器制御サーバに対して機器状態の監視要求を出すと、サーバ側は機器状態が変化するまで待って、変化した時点で非同期(リアルタイム)に応答を返し、ブラウザ側は変化のあった部分のみ表示を更新します。このような非同期通信の間も他の処理を並行して行えるため、ユーザを待たせてストレスを与えることなく、快適に操作できます。
セキュリティ制限を設けることが可能
権限のないユーザからのアクセスを拒否するために、ユーザ名とパスワードによるセキュリティ制限を設けることが可能です。

ビルセキュリティシステムへの応用例

ビルセキュリティシステムへの応用例

「PMC機器制御サーバ」の製品仕様

ウェブサーバ機能
HTTP1.1、認証機能、ユーザ作成 HTML + JavaScript のアップロード機能
機器制御機能
Ajax による機器との入出力、状態変化待ち、JavaScript 用の機器制御ライブラリ
機器制御I/F
デジタル入出力(DIO)、A/D 変換、D/A 変換、シリアル(RS-232)、パルス出力(PWM)、LED、スイッチ類、HLS(ハイスピード・リンク・システム)(*1)、フォトカプラ(絶縁入出力)(*1)
(*1)
「T-Kernel 2.0リファレンスキット」「Teacontroller」で対応しています。

製品構成

  • 機器制御サーバ本体 ( 制御用ボード上で動作します )
  • DIOドライバ ( 制御用ボード上で動作します )
  • JavaScript用の機器制御ライブラリ ( パソコンのウェブブラウザ上で動作します )
  • 機器制御のサンプルHTMLファイル ( パソコンのウェブブラウザ上で動作します )
  • ドキュメント

価格

  • PMC機器制御サーバ/リファレンスキット 標準価格 100,000円(税別)
  • PMC機器制御サーバ/μTeaboard 標準価格 100,000円(税別)

ご購入方法

本製品は、当社ウェブショップよりお求めになれます。お支払い方法は、「銀行振込」「郵便振替」「コンビニ支払」のいずれかをお選びいただけます。(「商品代引」「クレジットカード」ではお支払いいただけませんのでご了承ください。)

パーソナルメディア株式会社 営業部
TEL.03-5749-4933 FAX.03-5749-4936
E-mail: te-sales@personal-media.co.jp
http://www.t-engine4u.com/