PMC T-Kernel 2.0


パーソナルメディアは、トロンプロジェクトの開始当初から、リアルタイムOS T-Kernelの開発に深く関わり、技術面のサポートも含めて、T-Kernelの普及に貢献してきました。

パーソナルメディア(PMC)が組込み系CPU(SH, ARM, MIPS, PowerPCなど)や x86系CPU(Intel Atom, AMD Geode, VIA Edenなど)へ移植した製品版T-Kernel「PMC T-Kernel」は、T-Kernel用に開発したデバイスドライバ、ミドルウェア等とともに、各種の業務用端末やハンディ端末(ユビキタス・コミュニケータ等)など、既に多数の組込み製品に採用され、多くのお客様からご好評をいただいております。

また、T-Kernel 2.0ワーキンググループの座長としてトロンフォーラムの活動に協力し、T-Kernel 2.0の仕様策定を進めて参りました。その成果をいち早く実装した「T-Kernel 2/x86評価キット」「T2&μT2リファレンスキット」などの製品を販売しています。

お客様の開発される組込み機器に最適にカスタマイズされたT-Kernelと周辺のソフトウェアをご提供できるのは、T-KernelやT-Kernel向けのドライバ、ミドルウェアに熟知したパーソナルメディアです。ぜひ、PMC T-Kernelの評価と採用をご検討ください。


PMC T-Kernelを用いたシステム構成図

PMC T-Kernelを用いたシステム構成図

図の説明についてはこちらをご覧ください


移植実績

CPUメーカー  アーキテクチャ   CPU名称 発売中の製品

Intel, AMD,
VIAなど
x86(互換も含む) Intel Atom, Core, Pentium, Celeron,
AMD Athlon, Geode,
VIA Edenなど
tk2T-Kernel 2/x86評価キット
tk2T-Kernel 2/x86開発環境付きボード
tk2T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK




NXP Semiconductors
Cortex-A7 i.MX 7Solo
Cortex-A8 i.MX50
ARM920T MC9328MX1(i.MX1)
ARM926EJ-S MC9328MX21(i.MX21)
ARM922T LH7A400
ARM720T LH79520
ARM7TDMI LH79532
Samsung Cortex-A8 S5PC100, S5PC110
FUJITSU ARM926EJ-S MB87Q1100
ATMEL ARM7TDMI AT91M55800A μTeaboard 2.0
I-rightエンジン/μTeaboard
EPSON ARM720T S1C38000








Renesas Electronics
ARM11 EMMA Mobile 1-D tk2T2&μT2リファレンスキット
tk2Teacontroller
Teamacaron
tk2I-rightエンジン/Teacontroller
SH3-DSP SH7727
SH-4 SH7751R, SH7760
SH-4A SH7723, SH7763, SH7775
M32R M32104
MIPS VR5500, VR5701A, VR4131 μT-Engine/VR4131開発キット
V850 V850E/MA3 μT-Engine/V850E-MA3開発キット
Ingenic Semiconductor MIPS Ingenic M150 tk2T-Kernel 2/MIPS-M150ボード
TOSHIBA MIPS TX4956
Marvell XScale PXA270
Xilinx PowerPC PowerPC 405 (Virtex-4) T-Engine/PPC-V4FX開発キット
ALTERA NiosII NiosII (Cyclone)
  • この表に無い 32bit CPUについても、PMC T-Kernelを移植してご提供可能です。パーソナルメディアまでお気軽にご相談ください。

採用事例

「PMC T-Kernel」の採用事例



  • 流通向け業務用端末
  • 業務用高機能レジスター
  • 船舶搭載型通信監視装置
  • 医療向け業務用機器

  • ポータブル測定器
  • 組み込み型タッチパネルコンピュータ
  • その他多数

ITRONからPMC T-Kernelへの移行

T-Kernelは ITRON仕様を発展したリアルタイムOSですが、ソースの互換性はないため、ITRONプログラムはそのままでは T-Kernel上で動作しません。そのため当社では ITRONを使ってきたお客様が、既存のプログラム資産をPMC T-Kernel上で有効活用できるツールをご提供しています。

「I-right/TK」(ITRON Wrapper for T-Kernel)はITRONとT-KernelのAPIの読み替えを行うラッパーで、μITRON4.0のフルセットにほぼ準拠したAPIをT-Kernel上で実現します。ITRON上で動くアプリケーションタスクと、T-Kernel用のアプリケーションタスク、デバイスドライバやミドルウェア(ファイルシステム、TCP/IPなど)を混在して連携動作ができるため、T-Kernel用のデバイスドライバやミドルウェアを使ってITRON側の機能を拡張したり、ITRON用のプログラムを使ってT-Kernel側の機能を拡張するといった使い方も可能です。「I-right/TK」と組込みボードをセットにした製品「I-rightエンジン」もご提供しています。


「I-right/TK」の役割とソフトウェア構成図

「I-right/TK」の役割とソフトウェア構成図

PMC T-Kernelのライセンスについて

PMC T-Kernelはトロンフォーラムで公開されているT-Kernelをパーソナルメディアにて改変した製品版T-Kernelです。当社とソフトウェア使用許諾契約を結ぶことで無償(*1)でご使用いただけます。

またPMC T-Kernelとあわせて使用するPMC T-MonitorやPMC T-Kernel Extension、デバイスドライバ、ミドルウェアをお客様の製品に組み込まれる場合には、パーソナルメディアとライセンス契約(有償)が必要となりますので、お気軽にお問い合わせください。

パーソナルメディア株式会社 営業部
TEL.03-5749-4933 FAX.03-5749-4936
E-mail: te-sales@personal-media.co.jp
http://www.t-engine4u.com/
(*1)
 お客様のハードウェアへのポーティング費用は有償です。