x86系CPU向けソリューション

x86系CPU(Intel Atom, AMD Geode, VIA Edenなど)を搭載した組込み製品の開発を「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」がお手伝いします。本パッケージはミドルウェアや開発環境に加えて、コピー数無制限の製品向けライセンス(プロジェクト単位)と質問数無制限の技術サポート(期間1年間)が付属し、開発から製品化に必要なソフトウェアやサービスがこれ一つでOKです。

また組込み向けハイパーバイザー「Real-Time Hypervisor(RTH)」(*1)を利用して、T-KernelとWindowsの双方のOSのメリットを活かした高性能かつ高機能な組込みシステムの構築にご利用いただけます。
「I-right/TK」(ITRON Wrapper for T-Kernel)を利用して、これまで組込み向けに開発されてきたITRON用の豊富なプログラム資産を、最小限の修正によりT-Kernel上で実行できます。

(*1)
RTHは株式会社リンクス技術研究所が国内で販売する製品です。

T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK

製品の詳細と動作条件


1.T-Kernelを評価できます

「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」には、パーソナルメディアがx86系CPU向けに移植した「PMC T-Kernel 2/x86」や「PMC T-Monitor」、「PMC T-Kernel Extension」、各種デバイスドライバ、ミドルウェアが含まれます。これらを市販のマザーボード(PC/AT互換ボード)や産業用パソコンにインストールすることで、T-Kernelを評価することができます。またWindows上の仮想化ソフトVMware Player 1.X、2.X、3.X、4.Xの上でも動作可能です。

  • 評価、開発向けに用途を絞った製品「T-Kernel 2/x86評価キット」「T-Kernel 2/x86開発環境付きボード」もございます。
  • すべてのマザーボード(PC/AT互換ボード)や産業用パソコンでの動作を保証するものではありません。動作させるためには、「PMC T-Monitor」やデバイスドライバ等のソフトウェアの調整作業が必要となる場合があります。

2.アプリケーションの開発が可能です

オープンソースのGUI統合開発環境Eclipseによる開発やデバッグが可能です。「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」には、T-Kernel用のアプリケーション等を開発するためのプラグイン「Eclipse for PMC T-Kernel」が含まれます。Eclipse本体を含めて、コンパイラやデバッガ、ライブラリなど必要なツールがすべて付属します。「Eclipse for PMC T-Kernel」を使って、デバイスドライバからGUIを使ったアプリケーションまで、様々な用途のユーザーアプリケーションを開発することができます。

Eclipse for PMC T-Kernel

3.ソースやサポートが付属します

評価用とは別に製品用のマザーボードを開発する場合など、ターゲットボードにあわせた機能の最適化や、特殊なデバイスへの対応など、製品に特化したカスタマイズが必要です。「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」には、「PMC T-Kernel 2/x86」をはじめとして、「PMC T-Monitor」や「PMC T-Kernel Extension」、デバイスドライバのソースプログラムが含まれます。

また質問数無制限の技術サポート(期間1年間)も付属します。開発環境の構築から各ソフトウェアの使い方、ソースプログラムの活用など、開発の立ち上げから製品化までの作業を強力に支援します。

  • 期間終了後のサポートの延長や、本製品で定められた範囲を越えた技術サポートをご希望の場合には、有償サポートサービスをご利用ください。

4.製品化ライセンスも付いて安心です

お客様指定機種に対してコピー数無制限の製品向けライセンス(プロジェクト単位)が付属しますので、開発した製品の販売に際して追加の費用が要りません。市場へのスムーズな製品導入が可能です。

  • お客様ご指定の組込み機器開発プロジェクトに対して、台数無制限のライセンスを許諾いたします。プロジェクトの定義など、詳細についてはお問い合わせください。複数プロジェクト向けの製品化ライセンス、コピー数単位のライセンスについても承りますのでご相談ください。

5.構成が選べます

FA分野などリアルタイム処理に特化した「最小構成(タスク版)」と、 お客様のアプリケーションでプロセスの機能も使う場合の「基本構成(プロセス+タスク版)を選択可能です。最小構成の価格は120万円(税別)です。

  • ネットワーク、USB、 GUI(タスク版は未対応) などの豊富な追加オプションをご用意しています。価格や詳細については当社営業部までお問い合わせください。

「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」の最小構成

最小構成パッケージのソフトウェア構成図

「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」の基本構成

基本構成パッケージのソフトウェア構成図

6.Windowsと連携動作します

株式会社リンクスが国内で販売するハイパーバイザー「Real-Time Hypervisor(RTH)」のユーザー向けに、次世代リアルタイムOS「T-Kernel 2.0」の機能を提供します。組込み向けに高速リアルタイム制御を行うT-Kernel 2.0と、GUIやクラウドとの通信などを行うWindowsとの連携動作が可能となり、T-KernelとWindowsの双方のOSのメリットを活かした高性能かつ高機能な組込みシステムを1台の産業用FAパソコンで構築できます。

「T-Kernel 2/RTH評価キット」のシステム構成例

7.ITRONの資産を活用できます

「I-right/TK」は、これまで組込み向けに開発されてきたITRON用の豊富なプログラム資産と、T-Kernel用のデバイスドライバやミドルウェアとの連携動作を可能にします。ITRONとT-KernelのAPI(Application Program Interface)(*2)の読み替えを行うラッパーを被せることにより、μITRON4.0のフルセットにほぼ準拠(*3)したAPIをT-Kernel上で実現します。

(*2)
API(Application Program Interface)とは、OSの提供する機能をアプリケーションプログラムから呼び出して利用する際の仕様を定めたものであり、T-Kernelの「システムコール」あるいはμITRON 4.0の「サービスコール」とほぼ同義です。T-KernelのAPIとμITRON 4.0のAPIは、概念的にはほぼ同等ですが、APIの形式や細部は異なります。
(*3)
サービスコール管理機能はサポートしません。また、タスク例外処理機能、割込み管理機能、システム構成管理機能、データキューについては、一部の機能をサポートしません。サポートする機能やAPIについても、一部に仕様の相違や制限事項があります。

「I-right/TK」の役割とソフトウェア構成図

「I-right/TK」の役割とソフトウェア構成図