T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK

PDFカタログPDFファイル プレス発表

パーソナルメディアでは、2006年にリアルタイムOS「T-Kernel」を世界で初めてx86アーキテクチャに移植しました。その後2007年には市販のPC/AT互換ボード等で動作する「T-Kernel/x86開発キット」を始めに、x86用のT-Kernelを核とした多くのソフトウェア製品をご提供してきました。「PMC T-Kernel 2/x86」は、最新技術を用いた高性能な機器はもちろん、MS-DOSやITRONで制御していた古い組込み機器のシステム更新に伴う置き換え用にも利用されており、業務用の無線機器や監視装置、工業用カメラ、車両制御やFA分野など、いろいろな用途の製品への採用実績があります。

「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」は、本格的なアプリケーション開発や組込み機器の製品化の際にご利用いただくパッケージです。本パッケージにはミドルウェアや開発環境に加えて、コピー数無制限の製品向けライセンス(プロジェクト単位)と質問数無制限の技術サポート(期間1年間)が付属し、開発から製品化に必要なソフトウェアやサービスをすべて含んでおりますが、最小構成(*1)パッケージで120万円(税別)からと大変お求めやすい価格になっています。製品向けライセンスの対象台数を限定することにより、さらに低価格でのご提供も可能です。組込み機器メーカーのお客様は、「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」をご購入いただくだけで、追加の費用が発生することなく(*2)、安心して組込み機器の開発から製品化に取り組むことができます。

x86プラットフォーム用のリアルタイムOS「PMC T-Kernel 2/x86」を使った組込み機器の開発や、組込み向けハイパーバイザー(*3)を利用してT-KernelとWindowsの双方のOSのメリットを活かした高性能かつ高機能な組込みシステムの構築にご利用いただけます。

(*1)
 最小構成の場合は開発モデルがタスクベースに限定されます。お客様のアプリケーションでタスクのほかにプロセスの機能も使う場合には、基本構成の「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」(250万円(税別))をご利用ください。
(*2)
 デバイスドライバやミドルウェアの追加、本製品で定められた範囲を越えた技術サポートや製品化ライセンスが必要となった場合は、この限りではありません。
(*3)
 ハイパーバイザーは、複数のOSを並列稼動させる仮想化技術を実現するために、ハードウェアとOSの間に入って動作する、管理用のプログラムです。ハイパーバイザーで採用している仮想化技術はパーティショニング技術と呼ばれるもので、各ハードウェアデバイスは特定のOSに割り当てられ、各OSが独占的にそのデバイスを使用します。その結果、1つのOSや一部のデバイスの動作に問題を生じても、その問題が他のOSに波及せず、他のOSや他のデバイスは安定動作を続けることができます。

「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」の特長

  • 組込み機器の開発に必須のソフトウェアやサービスをワンパッケージにして安価にご提供します。コピー数無制限のライセンス(プロジェクト単位)と技術サポート(1年間)に、リアルタイムOS、ファイルシステム等のミドルウェア、シリアルやCF, HDD等のデバイスドライバを含む基本システムのソースが付属する「基本構成(プロセス+タスク版)」パッケージは250万円(税別)です。
  • FA分野などリアルタイム処理に特化した、コピー数無制限のライセンス(プロジェクト単位)と技術サポート(1年間)に、リアルタイムOS、ファイルシステム、シリアルやCF, HDD等のデバイスドライバを含む基本システムのソースが付属する「最小構成 (タスク版)」パッケージは120万円(税別)です。ライセンスの対象台数を限定すればさらに安価になります。
  • ネットワーク(LANドライバ, TCP/IP等)、USB(プロトコルスタック, ストレージ等のクラスドライバ)、GUI(スクリーンドライバ, フォント, ビジュアル言語等、タスク版は未対応)などの豊富な追加オプションを用意しています。
  • これまでWindowsやLinuxを利用していたお客様に対して、省資源でリアルタイム性能が高く、組込み向けのミドルウェアやデバイスドライバが豊富に揃ったT-Kernelという新しいソリューションをご提供します。
  • 株式会社リンクス技術研究所が国内で販売するハイパーバイザー「Real-Time Hypervisor(RTH)」(*4)を利用した、T-KernelとWindowsの双方のOSのメリットを活かした高性能かつ高機能な組込みシステムの構築にも対応します。
  • 組込み機器向けリアルタイムOS「PMC T-Kernel 2/x86」やT-Kernel用のミドルウェア、デバイスドライバ等が、品種の豊富なPC/AT互換の組込みボード上ですぐに利用でき、T-Kernel応用製品のハードウェアの選択肢が大きく拡がります。もちろん、お客様が独自に開発されたハードウェアと組み合わせて製品化することも可能です。
  • 製品開発前の「PMC T-Kernel 2/x86」の評価用として、30日間無償で評価できる「T-Kernel 2/x86無償評価版」「T-Kernel 2/x86評価キット」、x86系のCPUを搭載したボードとセットでT-Kernelをすぐに動かせる「T-Kernel 2/x86開発環境付きボード」、組込み向けハイパーバイザーに対応した「T-Kernel 2/RTH評価キット」(*4)をご提供しています。
(*4)
 RTH対応機能は、RTHのユーザー様へご提供します。なお本製品にはRTH本体は含まれません。

製品構成

FA分野などのリアルタイム処理に特化した「最小構成(タスク版)」パッケージと、プロセス機能も使える「基本構成(プロセス+タスク版)」パッケージをご用意しています。各パッケージにUSB、LAN、GUI(基本構成用)などのオプションを追加できます。

「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」の最小構成

最小構成パッケージのソフトウェア構成図

「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」の基本構成

基本構成パッケージのソフトウェア構成図


ソフトウェア構成

最小構成パッケージとオプション
パッケージ  ソフトウェアの分類 ソフトウェアの内容







最小構成
開発評価 「T-Kernel 2/x86評価キット」または
「T-Kernel 2/RTH評価キット」(*5)が付属
ターゲット側ソフトウェア
(ソースプログラム付)
PMC T-Monitor,
PMC T-Kernel 2/x86,
ファイル管理,
デバイスドライバ(シリアルポート,システムディスク,RTC)
ホスト(Windows)側
開発環境(*6)
統合開発環境「Eclipse for PMC T-Kernel」,
GNU C/C++コンパイラ(T-Kernel対応),
標準Cライブラリ,
T-Kernel関連ライブラリ
RTH対応(*5) 仮想ネットワーク、共有メモリへのアクセス機能
ネットワーク
オプション
ターゲット側ソフトウェア
(ドライバのソース付)
LANドライバ,
TCP/IP(ICMP, ARP, DNS, DHCP, PPPを含む),
ネットワークユーティリティ
USB
オプション
ターゲット側ソフトウェア
(ソースプログラム付)
USB 2.0ホスト用プロトコルスタック(アイソクロナス転送機能を含む),
クラスドライバ(マスストレージ)
基本構成パッケージとオプション
パッケージ  ソフトウェアの分類 ソフトウェアの内容








基本構成
開発評価 「T-Kernel 2/x86評価キット」または
「T-Kernel 2/RTH評価キット」(*5)が付属
ターゲット側ソフトウェア
(ソースプログラム付)
PMC T-Monitor,
PMC T-Kernel 2/x86,
PMC T-Kernel Extension(プロセス管理、ファイル管理など),
デバイスドライバ(シリアルポート,システムディスク,RTC)
ホスト(Windows)側
開発環境(*6)
統合開発環境「Eclipse for PMC T-Kernel」,
GNU C/C++コンパイラ(T-Kernel対応),
標準Cライブラリ,
T-Kernel関連ライブラリ
RTH対応(*5) 仮想ネットワーク、共有メモリへのアクセス機能
ネットワーク
オプション
ターゲット側ソフトウェア
(ドライバのソース付)
LANドライバ,
TCP/IP(ICMP, ARP, DNS, DHCP, PPPを含む),
ネットワークユーティリティ
USB
オプション
ターゲット側ソフトウェア
(ソースプログラム付)
USB 2.0ホスト用プロトコルスタック(アイソクロナス転送機能を含む),
クラスドライバ(HID(*7)、マスストレージ)

GUI
オプション
ターゲット側ソフトウェア
(ドライバのソース付)
スクリーンドライバ,
KB/PDドライバ,
ディスプレイプリミティブ,
GUIマネージャ,
ドットフォント,
マイクロスクリプト(ビジュアル言語)など(*8)
(*5)
 RTHのユーザー様へご提供します。
(*6)
 仮想化ソフトVMware Playerにより、実機の代わりにパソコン上での開発とデバッグが可能です。
(*7)
 GUIオプションと併用した場合に利用できます。
(*8)
 追加オプション(有償)にて18万字の多漢字・多言語用TrueTypeフォント、かな漢字変換、タッチパネルドライバなどの機能をご提供します。

技術サポート

基本構成と最小構成の各パッケージ、および全てのオプションパッケージにおきまして、質問数無制限、期間1年間の技術サポートが付属します。

製品化ライセンス

基本構成と最小構成の各パッケージ、および全てのオプションパッケージにおきまして、対象プロジェクト(*9)向けコピー数無制限の製品化ライセンスが付属します。
(*9)
 お客様の製品開発プロジェクトに対して、台数無制限のライセンスを許諾いたします。プロジェクトに属する複数機種が対象となります。ライセンスの対象台数を限定した、コピー数単位のライセンスについても承りますのでご相談ください。

動作条件と対応ハードウェア

標準で Atomプロセッサ搭載ボードをはじめとする豊富なPC/AT互換ボード上で利用できます。もちろん、お客様が独自に開発されたハードウェアと組み合わせて製品化することも可能です。また組込み向けハイパーバイザーRTHに対応しています。

組込み向けハイパーバイザーの場合
    株式会社リンクス技術研究所      Real-Time Hypervisor(RTH)
PC/AT互換ボードの場合
CPU x86 (互換 CPU も含む)
Intel Atom, Core, Pentium, Celeron,
AMD Athlon, Geode,   VIA Edenなど
メモリ 32MB以上
BIOS PC/AT互換の標準的なBIOSが実装されていること(*10)
シリアルポート
(RS-232C) (*11)
16550互換
デバッグコンソールにも利用
システムディスク(*11) CFカード(TrueIDE)、
IDEタイプのHDD、
USBストレージ(*12)に対応
起動ディスクにも利用
USB(*11)(*12) USB 1.1/2.0ホストアダプタ(UHCI/OHCI/ECHI, ただし一部の機種を除く)に対応
マスストレージクラス機器(HDD,CD-ROM,USBメモリ等),
HIDクラス機器(キーボード,マウス)(*12)に接続可能
LAN(*11)(*12) 【10/100BASE-T対応LANアダプタ】
Intel PRO/100, 82562,
3Com 3C900/590,
DEC 21140,
Realtek RTL8139/8169/8101/8103,
VIA VT6102, SiS900,
AMD Am79C970/971/972/973/975/976/977/978,
NE2000互換など
【1000BASE-T対応LANアダプタ】
Intel I210-AT, PRO/1000, i82574L Gigabit Ethernet Controller,
Realtek RTL8169など
画面ディスプレイ
(*11)(*13)
VESA BIOSが対応していること(*10)
(*10)
 お客様ご指定のハードウェアやBIOS上でPMC T-Kernel 2/x86が動作することを当社が保証するものではありません。ただし、ハードウェアやBIOSの仕様の差異に対しては、お客様ご自身でT-Monitorやデバイスドライバのソースプログラムを修正していただくことにより対応可能です。当社が有償でこの調整作業をお請けすることもできますので、お気軽にご相談ください。
(*11)
 お客様がデバイスドライバを追加あるいは修正することにより、他のデバイスや制御チップ、メディア等にも対応可能です。
(*12)
 最小構成や基本構成には含まれません。本機能のご利用には、ネットワーク、USBなど、対応するオプションパッケージが必要です。
(*13)
 最小構成では利用できません。基本構成でのご利用には、GUIオプションが必要です。

適用分野

「PMC T-Kernel 2/x86」は、最新技術を用いた高性能な機器はもちろん、MS-DOSやITRONで制御していた古い組込み機器のシステム更新に伴う置き換え用にも利用されており、業務用の無線機器や監視装置、工業用カメラ、車両制御やFA分野など、いろいろな用途の製品への適用実績があります。

「T-Kernel 2/x86ライセンス付SDK」の適用分野


お問い合わせ

本製品の詳細や、本製品を使った製品開発など、本製品に関してはパーソナルメディアまでお気軽にお問い合わせください。

パーソナルメディア株式会社 営業部
TEL.03-5749-4933 FAX.03-5749-4936
E-mail: te-sales@personal-media.co.jp
http://www.t-engine4u.com/