T-Kernel 2.0/μT-Kernel 3.0ロゴ

パーソナルメディアは、トロンフォーラムのT-Kernel用に開発したデバイスドライバやミドルウェア、お客様がアプリケーションを開発するための開発環境やツールなど、組込み機器の開発にすぐに役立つ製品をご提供しています。
以下に各製品を機能別に分けてご案内いたします。

製品一覧はこちらへ

機能別一覧

リアルタイムOS(T-Kernel)

組込み系CPU用リアルタイムOS  tk2 tk3
  • 組込み系CPU(ARM, SH, MIPS, PowerPCなど)搭載のお客様仕様のハードウェアへ移植して提供

x86用リアルタイムOS  tk2
  • x86プラットフォーム用のT-Kernel、汎用の市販組込みボードや産業用パソコンなどに対応

USB

USBホストドライバ  tk2 tk3
  • 各種USBコントローラに対応したUSBホストドライバ

USBクラスドライバ  tk2 tk3
  • マスストレージ、HID、CDC、Audioなどの各種デバイスに対応したクラスドライバ

ネットワーク・IoT

LANドライバ  tk2 tk3
  • 1000BASE-T対応LANアダプタや10/100BASE-T対応LANアダプタに対応したLANドライバ

TCP/IP  tk2 tk3
  • 組込みシステム向けのコンパクトなプロトコルスタック

通信プロトコル  tk2 tk3
  • TLS(SSL)、NTPなどの各種の通信プロトコルを提供

PMC機器制御サーバ T-Kernel 2.0
  • ネットワークを通じてパソコン等のブラウザから組込み機器を制御できるT-Kernel用サーバソフトウェア

スマートIoTコントローラ  IoT-Engine
  • スマートフォンなどのブラウザの画面から、IoT-Engineを使ったIoTエッジノードの機器を操作できるIoTソフトウェア

ストレージ・ファイル

システムディスクドライバ  tk2 tk3
  • SD/microSDカード、ハードディスク等のATAストレージデバイス、ROM/RAMディスクなど、ストレージ系のデバイス全般を扱うドライバ

ファイルシステム  tk2 tk3
  • FAT 12/16/32/VFATやBTRONファイルシステムをサポート

exFAT for PMC T-Kernel  tk2 tk3
  • システムディスクドライバを介してexFAT(Extended File Allocation Table)形式の大容量メディアにアクセス可能

GUI・画像処理

スクリーンドライバ  tk2
  • 画面表示のための初期設定や関連情報の参照を行うドライバ、組込み機器向けの低解像度LCDボードからパソコン用の高解像度ディスプレイまで幅広く対応

KB/PDドライバ  tk2 tk3
  • キーボード(KB)やポインティングデバイス(PD: マウス、電子ペン、タッチパネルなど)を扱うドライバ

PMC T-Shell  tk2
  • 図形や文字を描画するディスプレイ・プリミティブ、パーツ類(テキストボックスやスイッチなど)、メニュー、ウィンドウなどを管理するGUIマネージャ、かな漢字変換機能、17万字を越える多漢字の表示機能、および多漢字・多言語用フォントなどが含まれるミドルウェア集

OpenCV for PMC T-Kernel  tk2
  • オープンソースの画像処理ミドルウェアである「OpenCV (Open Source Computer Vision Library)」を移植、T-Kernel上で画像処理や画像認識を行うことが可能

教育

リアルタイムOS 教育&実習パッケージ T-Kernel 2.0 μT-Kernel 2.0
  • 組込み向けリアルタイムOSの教育と実習に必要な教材、ボード、OS、開発環境をワンパッケージ化、豊富な講習用スライドや例題プログラムが付属

IoT-Engine 教育&実習パッケージ IoT-Engine μT-Kernel 2.0
  • 「リアルタイムOS 教育&実習パッケージ」をベースに、IoTに必要な通信機能と、IoTエッジノードの開発に不可欠な組込み向けリアルタイムOSの教育と実習に必要な教材やボード、ソフトウェアをワンパッケージ化、豊富な講習用スライドや例題プログラムが付属

複数プラットフォームの共存

T-Kernel 2/RTH評価キット T-Kernel 2.0
  • T-KernelとWindowsの双方のOSのメリットを活かした高性能かつ高機能な組込みシステムを1台の制御用PCで構築可能

I-right/TK(ITRON Wrapper for T-Kernel) T-Kernel 2.0
  • ITRON用の豊富なプログラム資産と、T-Kernel用のデバイスドライバやミドルウェアとの連携動作を可能

.NET Micro Framework for PMC T-Kernel T-Kernel 2.0
  • T-Kernelの利用により「.NET Micro Framework」でリアルタイム制御が実現、またT-Kernel上の制御用アプリケーションをC#で開発、Visual Studioでデバッグ可能


ページの先頭に戻る